ハッチバックの特徴について調べてみた

昔の車に比べて、現代の車は簡単に言えば丸い車が増えています。

 

しかし、車内空間は予想よりも広くなっており変に窮屈感も圧迫感も少ないために運転していても快適でおしゃれです。

 

いまでは、首都圏で生活していると免許を取らない男性いもいるため、多くの女性が免許を持っていて友人同士家族同士でドライブに行く姿が多く見られます。

 

そのため、女性でも快適で運転しやすいようや小さい車も人気です。

 

そこでハッチバックについて調べてみました。

 

一応、自動車の分類の一種でスポーツカーやGTなどの、バックドアを持つ車はこれには含まれませんので注意です。

 

また、昔に比べると全長も小さくなっており車高も低い。

 

ゆえに、トランクや車室の容積が小さくなりがちな車種において、大きい荷物の積み下ろしも楽で自動車の利便性がとてもよく人気の一つになっています。

 

また、クーペとも似ていて間違えやすいです。ちがいとしては、リアの傾斜がなだらかになっているスポーツカーの雰囲気を出しているのがクーペです。

 

そして、リアのトランク開口部がリアウインドウとともに開いたり、リアのウインドウが大きく開くものがハッチです。

 

しかし、クーペだけどそんな仕様という車もあるので間違えやすくなっています。

Comments are closed.