フル乗車時の荷物格納製

自動車の分類のひとつである「ハッチバック」とは、狭義ではバックドアを持った大衆車にことを指します。日本では、立体駐車場に駐車可能な高さである1550
mm未満の2ボックス型乗用車のことを指します。ハッチバックは、トランクと車内が隔てられていない形態で、リアのトランク開口部がリアウインドと共に開いたり、リアウインドが大きく開き、荷物の出し入れが便利になっています。リア収納性能のため箱型が多いのがハッチバックです。トマト
最近のハッチバックは、広い室内と取り回しのしやすさを両立させている車が多く、大人4人が乗ってもゆとりのある室内空間を確保することができます。また、4人乗車時でも、日常の買い物はもちろん、旅行やアウトドアにも幅広く対応できるラゲッジスペースを確保することができます。ハッチバックは後部席を倒せば、広大な空間が広がり、ワゴンのように使える車が多く、容量の大きい物を積むことが可能です。フル乗車時においても前述したように、充分なラゲッジスペースはあるので、4人程度の一泊旅行であれば、充分なスペースがあります。ハッチバックは、荷室と客室をフレキシブルに使うことができるので、工夫次第にではかなり大きい物も乗せることができます。

Comments are closed.